Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

RARアーカイブを感染させる新たなワーム

2012年5月18日掲載

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、RARアーカイブを感染させるワームWin32.HLLW.Autoruner.64548についてユーザーの皆様に警告します。このワームはリモートサーバーから実行ファイルをダウンロードし、感染したコンピューター上で悪意のあるタスクを実行します。

Win32.HLLW.Autoruner.64548は、他の多くのワームと同様の方法によって拡散します。まずディスク上に自身のコピーを作成し、autorun.infファイルをルートディレクトリに置くことで、デバイスがコンピューターに接続されると同時にワームが起動されるようにします。感染したコンピューター上で起動されると、Win32.HLLW.Autoruner.64548はディスク内のRARアーカイブを探し、secret.exe、AVIRA_License.exe、Warcraft_money.exe、CS16.exe、Update.exe、private.exe、Autoruns.exe、Tutorial.exe、Autorun.exe、Readme.exe、Real.exe, readme.exe、Keygen.exe、Avast_keygen.exeのいずれかの名前で自身をその中に置きます。それによりアーカイブが破損してしまう場合もあります。

またこのワームはペイロードモジュールを持ち、そのボディにはWin32.HLLW.Autoruner.64548がmssys.dllとしてWindowsフォルダ内に保存する実行ファイルが含まれています。この悪意のあるプログラムはライブラリファイルをレジストリ内に登録し、ペイロードコードを自身のプロセスのコピー内に挿入します。次にリモートサーバーに接続し、実行ファイルをダウンロード・実行するためのコマンドを待ちます。

Win32.HLLW.Autoruner.64548はRARアーカイブを感染させる数少ない悪意のあるプログラムの1つです。RARアーカイブを解凍する際は、アーカイブ内に疑わしい実行ファイルが追加されていないか十分注意するようにしてください。それらのファイルを実行してしまうと、コンピューターに害を及ぼす危険性があります。このワームのシグネチャはDr.Webウイルスデータベースに加えられています。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2018

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F