ユーザー向け情報

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話

お問い合わせ履歴

電話(英語)

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 12.0 for Windows、Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0/13.0、Dr.Web AV-Desk 13.0のDr.Web Anti-virusサブスクリプションサービスに含まれるDr.Web Scanning Engineの改善を含むコンポーネントを変更

2022年7月28日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Security Space 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0 for Windows Server、Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0/13.0、Dr.Web AV-Desk 13.0のDr.Web Anti-virusサブスクリプションサービスに含まれるDr.Web Scanning Engine (12.6.10.202206240)、Dr.Web Shellguard anti-exploit module (12.06.10.05271)およびSpIDer Agent for Windows (12.11.2.07200)をアップデートしました。また、Dr.Web 12.0 for Windows および Dr.Web Anti-virusサブスクリプションサービスでは、Dr.Web Thunderstorm Cloud Client SDK (12.0.24.0603)が更新され、内部変更が加えられました。さらに、上記製品インターフェイスのローカリゼーションが一新されました。

Dr.Web Scanning Engineへの変更

  • 通常のスキャンおよびバックグラウンドスキャンを実施時に、Microsoft Storeにて販売される64-bit対応アプリーケーションに潜む脅威の収集、検出および修復が可能となりました。
  • dwarkdaemon.exeにアクセスする際に発生したエラーが修正されました。

Dr.Web Shellguard anti-exploit moduleへの変更

  • 監視システムLanAgentとの競合を引き起こす原因が解消されました。LdrLoaderLockによりブロックされる可能性のある初期化の要求が削除されました。

SpIDer Agent for Windowsへの変更

  • インターフェイスエレメントの一部にナレーションが追加されました。
  • 再起動権限が制限されたユーザー向けに、脅威駆除のために再起動を実施する必要性についての情報が追加されました。
  • 許可されたデバイスのパスを登録する際に、大文字と小文字の区別が無くなりました。
  • プロキシーサーバーの設定では、"ポート"フィールド内に入力可能な文字数の制限が導入されました。
  • キリル文字や漢字を含むフォルダ名の場合に、このようなフォルダからファイルをインポートする際に発生したエラーが修正されました。
  • インターフェイスに改善が施されました。

アップデートは自動的に行われますが、システム再起動が必要です。

Tell us what you think

To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2022

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F