Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web for Telegram のバージョン2.0をリリース

2021年6月30日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、多くのユーザーに利用されているメッセンジャーアプリ上でリンクおよびファイルを瞬時にスキャン可能な Dr.Web for Telegram に改善を施した結果、インターネットサーフィンのセキュリティ向上が図られました。下記は、 Dr.Web for Telegram の新しいバージョン 2.0の特徴となります。

Dr.Web for Telegramへの変更

  • ボット構造が変更され、ボットに含まれるサービスは個々に更新が実施されます。
  • グループの全管理者が本ボット用コマンドを使用できるようになりました。
  • コマンド "/help" の出力内容にボットのバージョンが追加されました。
  • RTLテキストが含まれるリンクをスキャンする際に、本サービスの異常終了を引き起こす問題が解決されました。
  • バイナリ形式IP が含まれるリンクのサポートが実装されました。
  • グループのステータスをスーパーグループに変更した場合、管理者によるコマンドが本ボットに受信されなくなる問題が解決されました。
  • グループの種類をプライベートからパブリックに変更後、コマンドが本ボットに受信されなくなるエラーが修正されました。
  • コマンド "/start" が挿入されない場合、本ボットはチャットを初期化されていないものと認識する問題が解決されました。
  • 他の軽微な変更が加えられました。

本ボットを利用するには、Telegramにて@DrWebBotアカウントを検索するか、 telegram.me/drwebbot をクリック後に、リンクまたはファイルを送信してください。本ボットはウイルスデータベースと照合し、送信されたリンクやファイルをオンザフライでスキャンし、検査結果を表示します。

Tell us what you think

To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

Dr.Web © Doctor Web
2003 — 2021

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F