Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.1 for UNIX製品に含まれるコンポーネントをアップデート

2019年11月22日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.1 for UNIX製品に含まれるdrweb-maild (11.1.5-1911070858)、 drweb-statd (11.1.3-1911141200)、 drweb-configd (11.1.5-1910291408)、 drweb-httpd (11.1.3-1910291407)、 drweb-qt (11.1.1-1910041806)、 drweb-ctl (11.1.4-1910151942) および drweb-update (11.1.3-1910031102) をアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正され、内部変更が施されました。

Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Mail Servers、Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX File Servers、Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Internet Gateways およびDr.Web Anti-virus 11.1 for Linuxに含まれる下記のコンポーネントでは、次の変更が加えられました。

drweb-statd

  • 多数の添付ファイルが含まれるメールをスキャンする際、イベントベースのローテーション時に発生するエラーが修正されました。

Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Mail ServersおよびDr.Web Anti-virus 11.1 for Linuxに含まれる下記のコンポーネントでは、次の変更が加えられました。

drweb-maild

  • 一時ファイルが削除されない問題が解決されました。

アップデートはDr.Webリポジトリ経由で実施されます。アップデート時に問題が発生した場合、2019年7月4日付のニュースに記載された内容に従い、もう一つのリポジトリに接続するよう変更してください。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F