Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.1 for UNIX製品に含まれるコンポーネントをアップデート

2019年9月17日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.1 for UNIX製品に含まれるdrweb-esagent (11.1.2-1909031741)、 drweb-mimetic (11.1.2-1907301551)、 drweb-maild (11.1.3-1908220946)、 drweb-netcheck (11.1.1-1908271619)、 drweb-rpm (11.1.2-1907191359)、 drweb-libzypp (11.1.2-1907191422)、 drweb-uninst (11.1.1-1908092037)、 drweb-httpd (11.1.2-1908211705) および drweb-gui (11.1.4-1908211700) をアップデートしました。今回のアップデートでは、内部変更が加えられ、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web 11.1 for UNIX Mail Servers、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX File Servers、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for Internet Gateways UNIX およびDr.Web Anti-virus 11.1 for Linuxに含まれるdrweb-esagentでは、次の変更が加えられました。

  • ES サーバーへの接続がない場合に、一部のコンポーネント設定の変更ができないエラーが修正されました。
  • 週次スキャンジョブの処理時に発生するエラーが解消されました。
  • タスクスケジューラーでは、"UTCを使用してタスクを実行"を指定したジョブの処理時に発生するエラーが修正されました。
  • ESサーバーへの統計データの転送を妨げる問題が解決されました。

Dr.Web 11.1 for Mail Servers UNIXに含まれるdrweb-mimeticおよびdrweb-maildでは、次の変更が加えられました。

  • Urlテーブルでは、カテゴリー別のスキャンという新たなオプションが追加されました。

アップデートはDr.Webリポジトリ経由で実行されます。アップデート時に問題が起きた場合には、2019年7月4日付のニュースに掲載された手順に従い、別のリポジトリに接続する必要があります。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F