Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web Enterprise Security Suite 11.0.1 のServerをアップデート

2018年11月19日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Securiy SuiteのServerをバージョン11.0.1 (REL-1101 201811010)へアップデートしました。今回のアップデートにより、新しい機能が実装されたほか、発見されたエラーが修正されました。

下記にて、変更および改良が加えられました。

  • 保護されるステーションでは予防的保護が検知したイベントに関する統計セクションが新たに追加されました。
  • 管理者は、隣接するDr.Webサーバーのステーションからイベントに関する通知を受信することが可能となりました。
  • 隣接するサーバーのライセンス利用に関する報告を取得するオプションが実装されました。
  • Dr.Web Serverに接続されたDr.Webプロキシサーバーの自動アップデートが可能となりました。
  • 外部データベースMySQL Ver.8のサポートが追加されました。
  • ライセンス使用許諾書が一新されました。
  • オフィスコントロールでは、カスタム設定で指定されたIDのデバイスを対象に、個別のアクセス権を付与するオプションが実装されました。
  • Dr.Web Security Control Centerを使用し、有効期限が満了したライセンスキーファイルを追加することが不可能となりました。
  • Security Control CenterでDr.Webファイアウォールの設定を行う際に、パケットフィルタのルールを複製するための新たなオプションが追加されました。
  • ライセンスマネージャーにおけるポリシーの新しいバージョン作成およびポリシーへのライセンス割り当てのルールに、見直しが行われました。
  • Dr.Web Serverの統計には、Webサーバーのクエリに関する情報が追加されました。
  • UNIX系OS対応Active Directoryとのアンチウイルスネットワークグループの同期化が実現され、Dr.Web ServerのスケジューラーではActive Directoryへの接続設定が追加されました。
  • ネットワークのスキャナーがActive Directory内のステーションを検索する際に、セキュアな接続パラメータを指定できるようになりました。
  • グローバルアップデートシステム(GUS)からのDr.Web Serverリポジトリ更新への変更が施され、更新状態に関する情報をリアルタイムで閲覧できるオプションが追加されました。
  • UNIX系OS対応ステーションの保護をリモートから管理するための設定オプションが拡充され、アンチウイルスコンポーネントの統一コンフィギュレーションファイルの設定をリモートから管理できるようになりました。
  • AndroidデバイスのURLフィルターでは、仮想通貨をマイニングするプールへのアクセスを制御するための新たなカテゴリが追加されました。
  • Control Centerの[管理] → [バックアップ]のセクションでは、"var/backups"フォルダ内のバックアップデータだけでなく、Dr.Web Serverスケジューラーを用いて作成された全てのバックアップデータも表示されます。
  • Dr.Web Security Control Centerのサポートセクションでは、マニュアルが一新されました。

次のエラーが修正されました。

  • オブジェクトを隔離から復元する際に、脅威タイプ別のスキャン除外に入れることができないエラーが修正されました。
  • 設定がリセットされた場合、オフィスコントロールのホワイトリストからデバイスを削除できないエラーが修正されました。
  • アンチウイルスネットワーク内の一部のプリインストールされたグループを開くことができないエラーが修正されました。
  • OSおよびユーザー名別にアンチウイルスネットワーク内のステーションを検索時に発生するエラーが修正されました。
  • メンバーシップルールに基づきユーザーグループに自動的に追加されたステーションに利用されるライセンス数が正常に計算されないエラーが修正されました。
  • ネットワークにてAgentをインストール時に、リモートステーション上の認証手続きを行う際の複数の管理者アカウントを指定できないエラーが修正されました。
  • リモートからAgentをインストールするときに発生するNetBIOS名の名前解決に関するエラーが修正されました。
  • ローカルマシン上にAgentをインストールするときに発生するエラーが修正されました。

そのほか、軽微な変更が加えられました。

本製品のポーランド語のローカリゼーションのサポートが終了しました。

更新されたDr.Web Enterprise Security Suiteは、Dr.Web Control Center上では"12.11.2018"付更新として表示され、ダウンロードおよびインストールできます。また、新しいディストリビューションファイルは、Doctor Webウェブサイトからもダウンロードすることが可能です。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F