Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web Enterprise Security Suite 11.0のServerおよびAgentをアップデート

2018年7月17日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Enterprise Security Suite 11.0のServer(REL-1100-201807040)とAgentに含まれるDr.Web Device Guard for Windows (11.05.01.07050)、Dr.Web Protection for Windows (11.05.02.06270)、Dr.Web Firewall for Windows (11.5.3.06181)、Dr.Web Firewall for Windows driver (11.01.12.07060)、Dr.Web Net filtering Service (11.5.2.07090)、SpIDer Agent for Windows (11.5.4.07020)、Dr.Web Control Service (11.5.4.06152)、Dr.Web ES Service (11.5.2.07050)、Dr.Web Sysinfo (11.5.0.201806180)、Dr.Web Shell Extension (11.5.0.05140)、Dr.Web Updater (11.5.4.07100)、コンフィギュレーションスクリプトLua-script for updater (11.5.0.06090)およびローカリゼーションをアップデートしました。今回のアップデートにより、Dr.Webオフィスコントロールの機能が拡充され、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Enterprise Security SuiteのServerでは、次の変更が加えられました。

  • Windows対応ステーション向けオフィスコントロールでは、仮想通貨のマイニングプールへのアクセスを制御するための新たなカテゴリが追加されました。
  • Dr.Webセキュリティコントロールセンターのサポートのセクションでは、マニュアルが一新されました。
  • プロキシーサーバーを経由して動作するためのDr.Web Serverの正常な設定を不可能にしたエラーが修正されました。
  • システム再起動後、一部の Windows版対応PC上のDr.Web Serverサービスが自動的にスタートできない問題が解決されました。
  • Dr.Web for Linuxのリポジトリローダーを起動させるときに発生したエラーが修正されました。

Agentでは、次の変更が加えられました。

  • 下記にて、Dr.Web Device Guard for Windowsでは、変更が追加されました。

    • クリティカルなシステムエラー(BSOD)を引き起こす問題が解決されました。
  • Dr.Web Protection for Windowsでは、以下の変更が追加されました。

    • パフォーマンス向上に必要な改善が施されました。
  • Dr.Web Firewall for Windows および Dr.Web Firewall for Windows driverでは、以下の変更が追加されました。

    • 既知のアプリケーション向けルールの自動的作成モードにて、Firewall動作では変更点が加えられました。
  • Dr.Web Net filtering Service では、次の変更が加えられました。

    • Zonaソフトウェアを使用しストリーミング動画を視聴するときにプロセサへの高負荷が発生する問題が解決されました。
    • 新たなカテゴリ「仮想通貨のマイニングプール」が追加されたため、オフィスコントロールを用いて、ウェブサイトへのアクセスが制御されます。
  • SpIDer Agent for Windowsでは、次の変更が加えられました。

    • オフィスコントロールの設定ではウェブサイトのカテゴリ「仮想通貨のマイニングプール」へのアクセスを制御できるオプションが追加されました。
    • Firewall設定には多数のルールが作成され、利用されないアプリケーションのルールがあれば、そのルールの削除を促すメッセージが表示されます。
    • Firewallへの変更に応じて、「既知のアプリケーションのためのルールを自動的に作成する」モードを「信頼済みアプリケーションの接続を許可する」に変更しました。
  • Dr.Web Control Serviceでは、次の変更が加えられました。

    • オフィスコントロールの設定では新しいウェブサイトのカテゴリとして「仮想通貨のマイニングプール」が追加されました。
  • Dr.Web ES Serviceでは、次の変更が加えられました。

    • 新しいウェブサイトのカテゴリ「仮想通貨のマイニングプール」の設定をServerとAgent間に転送するためのサポートが実装されました。
    • 大文字と小文字を区別するデバイス識別のために、Serverではデバイスについてのデータ重複を引き起こす問題が解決されました。
  • Dr.Web Shell Extensionでは、次の変更が加えられました。

    • コンテキストメニューにある項目の各言語ローカリゼーションが追加されました。

ServerのアップデートはDr.Webグローバル更新システムからのみ実行できます。

Agentのアップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F