Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

2018年3月7日

株式会社Doctor Web Pacific


フェイクニュースとは、真実が含まれていない虚偽の情報や報道のことです。

私たちが受け取っている情報は、私たちの行動に影響を与えます。

真の前提は真の結論に導きます。

虚偽の前提は誤った結論につながります。

ほとんどの人が、虚偽の情報ではなく、信頼できる情報を受け取っていることでしょう。Dr.Webペアレンタルコントロールは、ユーザーにとって、信頼できる情報を受け取れるように支援をしています。詐欺や誤報など、不要なコンテンツを含むサイトをユーザーの目に触れないようにするものです。ただ、中には嘘か真実かの判別が困難なものがあるため、コンテンツへのアクセス制限をかけるまでに時間がかかることがあります(特にアナリストがそのような作業に費やした時間について話す場合など)。

2016年、特定のアイデアを促進するニュース投稿サイトで新しい現象の出現を目撃しました。

Methbotの背後にいるハッカーは、大企業や出版社(ESPN、 Vogue、 The New York Times、 The Wall Street Journal、 Verizonなど)に所属していると思われるような250,000件を超える偽のサイトを作成しました。 自動ウェブブラウザーを実行するために570,000個を超えるIPアドレスをハイジャックし、製作したサイトでユーザーが動画広告を見ているように見せかけます。 White Opsは、毎日300万件もの動画広告がボットによって「監視」されていると推定しています。そして犯人は米国とオランダにある800~1,200台のサーバーを使用していると考えられています。

サイバー犯罪者は、大量のIPアドレスや、偽のソーシャルメディアアカウント、変更されたジオロケーションデータ、マウスの動作を偽ることにより、数百万ほどで広告をターゲットユーザーに届けることができるという印象を与えます。こうすることで、サイバー犯罪者は顧客(主に米国企業)から多額の資金を獲得しています。

こうした手口は、まったく新しいものではなく、ロシアでもこのような手口に騙されたというニュースがありました。

ルーブルの為替レートが急落したブラック・マンデー直後の12月16日、あるメディア・ディレクターが、ロシア貯蓄銀行は、今後個人に貸付をしないであろうと主張しました。この情報は、銀行経営陣の信頼できる情報源によって提供されたものと推測されます。

ロシアの様々な地域でおきたパニックは、報道機関や、ソーシャルメディア、フォーラムなどを通じてのみではなく、そうでなければ偶然かランダムに起きたものとして公表されました。誰かが銀行のATMの周りで起きていた騒動を統制していました。彼らは、いま彼らにできることは、すべての現金を引き出すことであると勧める短いメッセージを受け取っていたのです。それはこんな感じのメッセージだったようです。「緊急のお知らせ:ロシア貯蓄銀行は今夜、銀行カード関連のサービスを無期限に中止することにしました。これは急激な為替レートと電子通貨への移行のために導入されたものと思われます。問題を回避するために今すぐ現金を回収して下さい!」

その後、ニュースでは定期的に嵐のようにATMを占領する人々が現われ、それが雪だるま式に広がりを見せていることを伝えました。ソーシャルメディア上の挑発的なメッセージと大量のSMS配信規則間の類似点は、これが事故であった可能性を排除しています。この規模のキャンペーンは、どこかで制御されなければならない相当な投資を確実に必要としました。

ペアレンタルコントロールが、この種の偽のニュース投稿のフィルタリングを行うのは良い考えのように感じるかもしれません。 しかし、どのようにこれがフェイクニュースであると判別することができるでしょうか?

Doctor Webの従業員は、すべてのひとつひとつのニュースに対して、時折、虚偽と事実の違いは、物語のニュアンス程度でしかないように感じていますが、そういった場合には信頼性の確認は簡単にはいきません。人々が金銭的に困るようなことになったら、パニックにななってしまいますよね?

また、偽のニュースは、しばしば信頼性の高いメディアのWebページにも掲載されてしまうことがあります。たいていの場合、ニュースの見出しが、その内容に関連があるというだけだという事実は言うまでもありません。ニュースがいくつかのニュースサイトを通過し、フォーラムで再度話題を出したら、どれくらいのニュース記事が変わるのでしょうか?

#fraud #social_engineering #terminology

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2018

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F