Your browser is obsolete!

The page may not load correctly.

無料トライアル版
Dr.Web for Android

Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.com:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.0.4 for UNIXをアップデート

2017年10月25日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus for Linux、 Dr.Web Anti-virus for UNIX Mail Server、 Dr.Web Anti-virus for UNIX File Server および Dr.Web Anti-virus for Internet Gateways Unix をバージョン11.0.4へアップデートしました。今回のアップデートでは、製品アップデートのメカニズムが改善されたほか、新機能が加えられ、発見されたエラーが修正されました。

上記の全製品において、以下の変更が加えられました。

  • 新しい製品アップデートのメカニズムが導入されました。ディストリビューションファイルから製品をインストールする際に、システム上にDr.Webリポジトリのアドレスが書き込まれるため、それを利用してDr.Webアンチウイルス製品を更新することができます。

Dr.Web Anti-virus for Linuxでは、以下の変更が加えられました。

  • デフォルトでインストールされるコンポーネントからDr.Web LinkCheckerが削除されました。尚、手動でのインストールは可能です。
  • メールトラフィックのスキャンを管理できるオプションがプログラムのインタフェイスに追加されました。
  • Dr.Web Enterprise Security SuiteのAgentとして動作する場合、スケジュールスキャンを実行するオプションが無効化され、その設定の変更が不可能となりました。しかし、ESモードを解除した場合には、設定は編集できますが、スキップされたスケジュールスキャンは、実行されません。

Dr.Web Anti-virus for LinuxおよびDr.Web Anti-virus for Internet Gateways Unixでは、以下の変更が加えられました。

  • HTTP経由で大容量ファイルのダウンロード時に発生する問題が解決されました。
  • HTTP経由でリソースの一部にアクセスできない問題が解決されました。

リポジトリからインストールされたDr.Web for UNIXを更新するには、パッケージマネージャーをご利用ください。ユニバーサルパッケージからインストールされた場合、新しいディストリビューションファイルをダウンロード後、アプリケーションの再インストールが必要になります。

#アップデート #Dr.Web #UNIX #Linux

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2017

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F