Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

宇宙ステーションがマルウェアに感染しない理由とセキュリティルール

2017年8月16日

株式会社Doctor Web Pacific


すべてのウイルスからコンピューターを守る方法ははっきりしています。もし困難な状況に陥った場合、ソフトウェアの構成ができる専門家を雇うか、システムのチェックや有害なファイルの削除をするなど、必要に応じて特定のルーチンを最適化することができます。ですが、たとえば宇宙ステーションでコンピューターをウイルスやトロイの木馬から守る必要がある場合はどうすればよいでしょうか? 宇宙ステーション内でITの専門家を雇うのは現実的ではありません。

インターネットアクセスはISSで利用可能です。宇宙飛行士、宇宙飛行士、およびゲストは、Webをナビゲートできます。彼らはソーシャルメディアサイトやブログにアカウントを持っています。

宇宙ステーションがウイルスに感染してしまった場合、致命的な結果を招く可能性があるため、通常のセキュリティ方法 (ウイルス対策、ファイアウォール、ユーザー権限の制限など) だけでは十分とは言えません。これは、離れた場所にあるホストが定期的にアップデートを受信できないためです。さらに、更新セッション中にデバイスが動作しなくなり、修復ができなくなる可能性があり、代替えを用意できないというリスクもあります。

マルウェアは、リムーバブルメディア、インターネット、電子メール、または脆弱性を介してコンピューターに侵入することが知られています。 リムーバブルメディアや新しい機器を介した感染は可能ではありますが、可能性としては低いでしょう。また、宇宙飛行士は十分な訓練を受けており、宇宙ステーションには疑惑のもととなるフラッシュドライブを持ち込まないようになっています。

地球上でアップロードされた何かを二重チェックするのは、通信チャンネル上で転送するよりも簡単です。当然ながら、マルウェアと結びついているものは厳しく管理されているため、ウイルスがネットワークに侵入してすべてに感染する状況は起こりえません。しかし、ワークステーションの制御を容易にするネットワークは接続されていません。それらは独立して動作し、その間に物理的な接続は存在しません。

そのため、マルウェアがローカルネットワークに侵入する可能性はありますが、制御メカニズムは影響を受けません。

次にインターネットを介した感染についてです。ユーザーがウェブページを読み込むと、基本的に指示を含む特定のファイルへのアクセスが要求されます。ファイルが取得されると、ブラウザはそのエンジンと設定を使用して指示を処理し、追加のファイルをダウンロードし、人間が読める形式にデータを変換し、広告をダウンロードします。また、ブラウザはあらゆる種類のスクリプトも実行します。 理論的には危険なことは何も起こさず、システム情報を収集してWebコンテンツを適切に表示します。しかし、ファイルがアップロードされスクリプトが実行されるときはいつも、攻撃される可能性があります。

宇宙ステーションの居住者がページを読み込む際、ヒューストンのリモートデスクトップ上に作成されたイメージを彼らは見ています。 この方法で高いセキュリティを維持することができます。たとえば、ユーザーがネットサーフィンしている間に予期しないことが起こったとしても、地球上にあるパソコンに影響があるだけで宇宙ステーションにあるパソコンには影響しません。

つまり、訪問したページのスクリーンショットのみが軌道に送信されます。 これはトラフィックを増加させますが、セキュリティも強化します。

もちろん、ペアレンタルコントロールのラインに沿ったものも存在します。

実際、ISSからインターネットにアクセスすることはできません。NASAネットワークにのみアクセスできます。

したがって、宇宙飛行士には、そのネットワークに有効なセキュリティポリシーが適用されます。セキュリティ部門は、どのサイトが業務に関連していないかを判断し、範囲外にするかを設定します。Cosmonaut Pavel Vinogradovによると、NASAは強力なウイルス対策ソフトウェアを使用しています。

様々な人が異なるサイトを訪問します。宇宙にいる間、Scott Kellyは、地球にいるときに彼が普段閲覧するTwitterやInstagram、銀行口座の確認、ビデオの視聴をしていました。

トロイの木馬は電子メールでシステムに侵入することもできますがスクリーンショットは機能しません。そのため、特別なルーチンが適用されているのです。

メールはNASAのメールアドレスに送られます。彼らはファイアウォールを通過し、強力なアンチウィルスソフトウェアはマルウェアのメッセージをスキャンします。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F