Your browser is obsolete!

The page may not load correctly.

無料トライアル版
Dr.Web for Android

Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.com:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート

電話

+7 (495) 789-45-86

フォーラム(英語)
Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.0 for Windows, Dr.Web KATANA 1.0, Dr.Web Enterprise Security Suite 10.0, Dr.Web 11.0 for MS Exchange, Dr.Web 11.0 for IBM Lotus DominoおよびDr.Web AV-Desk 10.0に含まれるコンポーネントをアップデート

2017年1月10日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、一部のDr.Web製品に含まれるDr.Web Scanning Engine (11.1.6.201611240)、Dr.Web Shellguard (11.01.06.12090)、Dr.Web for Outlook Plugin (11.0.1.201611080)、SpIDer Agent for Windows (11.0.10.12120) およびDr.Web Control Service (11.0.10.12060)のアップデートを行いました。今回のアップデートでは、新しい機能が搭載されたほか、エラーが検出され、内部変更が加えられました。

Dr.Web Scanning Engineでは、以下の変更が加えられました。

  • 迷惑メールのスキャンを妨げるエラーが修正されました。

Dr.Web Shellguardでは、以下の変更が加えられました。

  • 保護されるコンピュータ上にIBM Trusteer Rapportがインストールされている場合にMozilla Firefox および Google Chromeブラウザの異常終了を引き起こす問題が修正されました。
  • Adobe Acrobat Reader DCが起動しているときに誤検知が発生するエラーが修正されました。

Dr.Web for Outlook Pluginでは、以下の変更が加えられました。

  • 迷惑メールを指すためのプレフィックスのために角括弧を使うことが可能となりました。

SpIDer Agent for Windowsでは、以下の変更が加えられました。

  • 「データ損失防止」機能の設定では、ディスク上の最大容量と保存されるコピーの数を指定するオプションのほかに、指定された上限を超えた場合に実行すべきアクションが追加されました。
  • ペアレンタルコントロールおよびSpIDer Gateのホワイト/ブラックリストで除外を指定する際に、マスクがサポートされるようになりました。
  • 全ての入力フィールドではコンテキストメニューが表示されるようになりました。
  • インストール時にライセンスが指定されなかった場合に、現行のライセンスに関す情報がAgentの各ウィンドウで正常に表示されるようになりました。
  • 「データ損失防止」機能でコピー作成のパラメーターへのアクセスが、一部の場合に、制限されているエラーが修正されました。
  • トレイにAgentのアイコンが表示されないエラーが修正されました。
  • ペアレンタルコントロールによるファイルとフォルダへのアクセス制御の設定でアカウントを正常にコピーできるようになりました。
  • 全ての設定をデフォルト状態にした後に予防的保護機能の設定プロフィールを削除できない問題が修正されました。
  • Agentの各ウィンドウでヘルプが正常に開かれるように、変更が加えられました。
  • 予防的保護機能にて保護されるオブジェクトへのアクセス制御に関する通知が通知設定に追加されました。
  • サーバーのIPv6アドレスを正常に認識できるようになりました。

Dr.Web Control Serviceでは、以下の変更が加えられました。

  • ブロック可能なデバイスのリストから、「Display adapter」および「Monitor」が排除されました。
  • 「データ損失防止」機能で、上限を設定するオプションが導入されました。
  • ハイバネーションのモードから切り替えられるときに、本サービスの異常終了を引き起こす問題が修正されました。
  • サーバーからスキャン実行時に、保護されるコンピュータ上で「Windows ディスクがありません」とエラーが表示される問題が修正されました。

今回のアップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2017

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific〒210-0005神奈川県川崎市川崎区東田町1-2いちご川崎ビル 2F