Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

2016年12月1日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 11.0 for Microsoft ISA Server and Forefront TMGプラグインをリリースしました。今回のバージョンは、Dr.Web 11.0 for MS Exchangeに利用されるプラットフォームを搭載しており、プラグイン動作の安定性が向上しました。

同プラグインは、Microsoft ISA ServerとForefront TMGにてHTTP、 FTP、 SMTPおよびPOP3経由で通信されるデータ内の全種類マルウェアを検出・削除することにより、ウイルスにもたらされる脅威や迷惑メールから企業ネットワークを保護します。

新しいバージョンのプラグインでは、以下の改良が加えられました。

  • FTP通信のスキャンルーチンが改良されました。
  • オフィスコントロール向けHTTPS通信がサポートされるようになりました。
  • オフィスコントロールのためのカテゴリを拡充しました。
  • スキャナー設定内の修復可能および修復不可能なオブジェクトについて、それぞれのパラメーターを「感染したオブジェクト」と一つのパラメーターにまとめました。
  • 管理コンソールがフランス語にローカライズされました。
  • 検出された破損したオブジェクトのタイプを選択するためのオプションが追加されました。
  • 別の設定セクションに移動する際、変更された設定が保存されていない旨の警告が管理コンソールで表示されるようになりました。
  • メールフィルタリングのルールに、「送信者に対してルールを適用する」および「受信者に対してルールを適用する」パラメーターが追加されました。
  • アプリのウェブインターフェイスに対するそれぞれのアクセス権限が付与されました

新しい機能、システム要件およびインストール方法の説明について、詳しくはリリースノートをご覧ください。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2018

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F