Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.0 for Windowsの最新技術、Dr.Web Anti-virusサービス加入者が利用可能に

Dr.Web 11.0 for Windowsの最新技術、Dr.Web Anti-virusサービス加入者が利用可能に

2016年8月1日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Anti-virusサービスの構成要素となるDr.Web Agent for Windowsをアップデートしました。本サービスのユーザーは、Dr.Web for Windows 製品バージョン11.0の様々な新しい機能を利用いただけます。また、ゼロデイ脆弱性を悪用する攻撃に対する防御対策が一層強化されたほか、アンチウイルス動作の速度も大幅 に向上しました。

Dr.Web Agent 11.0 for Windows の新しい機能:

  • OSの動作環境の掌握を狙う悪意を持ったオブジェクトがアプリケーション内の脆弱性を悪用しようと試みるのに対し、防御対策を施しています。予防的保護の設定をカスタマイズできるようになったため、オブジェクトに対する信頼できるアプリケーションのアクセスを制御し、システム内の競合を防ぐことが可能になりました。予防的保護の設定でプロファイルを作成できるオプションが追加されました。
  • Dr.Web Scanning Engineモジュールの最適化によりオブジェクトのスキャン速度が向上しました。
  • Dr.Web Scanner SEコンポーネントのユーザーインターフェースを見直しました。スキャナー設定をアンチウイルスの一般設定へ移動したことで操作が容易になりました。
  • アンチウイルス動作についてのデータを収集・保管するシステムが導入されました。ユーザーはフィルターを使って、選択されたコンポーネントのイベントログ、又はアクセスの試みがあったペアレンタルコントロールによりブロックされたウェブサイト一覧をいつでもご覧になれます。
  • ペアレンタルコントロールの新しい機能:
    • 子供がコンピュータを使う時間を制限できるオプションが追加されました。夜間時間を手動で設定すると、コンピュータが自動的にロックされます。
    • ファイル及びフォルダへのアクセスを制御できる機能がさらに改善されました。アクセスを制御する、または閲覧のみを許可することが可能になりました。
    • 時間を制限できるオプションのためのプロファイル作成が可能になりました。
    • 設定を別のユーザーアカウントにコピーすることが可能になりました。
    • 特定のアカウントのためにペアレンタルコントロールを無効にする機能が追加されました。
    • ファイル及びフォルダへのアクセス制限を無効にする機能が追加されました。その際に、ブロックされるオブジェクトのリストをクリアしたり、ペアレンタルコントロールを完全に無効にしたりする必要がありません。
    • アクセスを制限できるウェブサイトの新しいカテゴリ:オンラインゲーム が追加されました。
  • 隔離マネージャーの新しい操作機能が導入されました。オブジェクトの再スキャン、バックアップコピーの表示が可能になりました。これにより、ユーザーはアンチウイルスにより削除/修復されたオブジェクトの復元ができるようになりました。
  • 新しいコンポーネントであるDr.Web HyperVisorが導入された結果、脅威の検出/修復がさらに改善されるほか、セルフプロテクションも強化されることとなりました。このコンポーネン トはOSより低いシステム領域で起動・動作するため、マルウェア(未知のマルウェアを含む)がDr.Webに保護されるシステムに進入し、それを掌握するリスク、またはアンチウイルス動作を停止させるリスクを完全に防止します。
  • ブロックされるデバイスのホワイトリスト管理が改善されました。特定のユーザーやグループ向けに許可の設定が可能になりました。ファイルシステム・デバイスである場合、「すべて許可」あるいは「読み取り専用」の設定を指定できます。
  • Dr.Web Control Service、及びそのコンポーネントであるSpIDer Agent for Windowsを更新するための再起動が不要となりました。
  • 脅威の駆除が実行された後で再起動の必要を通知するメッセージが表示されます。この通知は、再起動をしないと駆除できない複雑なタイプの脅威が修復される場合にのみ、ポップアップされます。指定されたデバイスの使用をブロックするというオプションの設定に、デバイスロックについての通知が追加されました。
  • アンチスパムの設定がSpIDer Mailコンポーネントの設定へ移動されました。
  • BadUSB脆弱性から守るために、キーボードを模倣するデバイス向けの防御策を実装しました。
  • モバイルモードを使って、ユーザーはデータベースの更新を手動で実行することができるようになりました。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F