Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

ユーザーのバンクアカウントを脅かす新たなトロイの木馬

2016年2月12日

株式会社Doctor Web Pacific


バンキングトロイの木馬は最も恐ろしい脅威の1つであると考えられています。これらトロイの木馬は複雑な構造を持つのみでなく、幅広い機能を実行することが可能です。一方で、Trojan.Proxy2.102などのような比較的単純な悪意のあるプログラムを開発する犯罪者も存在します。Doctor Webでは、このTrojan.Proxy2.102の分析を行いました。

Trojan.Proxy2.102は次の方法で被害者のバンクアカウントから金銭を盗みます。まず、起動されるとTrojan.Proxy2.102はルートデジタル証明書をインストールし、ウイルス開発者の所有するプロキシサーバーを指定することでインターネット接続設定を変更します。

screen Trojan.Proxy2.102 #drweb

以降、オンラインバンキングシステムのWebページに対するリクエストは全て、このプロキシサーバーを用いて実行されます。また、ユーザーが感染したコンピューター上でこれらのWebサイトを開いた際に、そこに任意のコンテンツが挿入されます。こうして、被害者はバンクアカウントの金銭をサイバー犯罪者へ送金するよう誘導されるのです。Trojan.Proxy2.102はonline.sberbank.ru、online.vtb24.ru、online.rsb.ruなどのオンラインバンキングのコンテンツを変更することができます。該当するWebページの署名に使用される偽のデジタル証明書がインストールされているため、このトロイの木馬はその存在を可能な限り長くユーザーから隠すことが可能です。

screen Trojan.Proxy2.102 #drweb

screen Trojan.Proxy2.102 #drweb

インストールに成功すると、この悪意のあるプログラムはそのイベントに関する情報をサーバーへと送信します。Trojan.Proxy2.102は自身を自動再生プログラムとして登録しないため、悪意のある動作を全て実行した後は終わりのないスリープモードに入ります。

Dr.WebはTrojan.Proxy2.102を検出・削除します。したがって、Dr.Webユーザーに危害が及ぶことはありません。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F