Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web Anti-virus 10.1.0.1 for Linux およびDr.Web Anti-virus 10.1.0.1 for Unix Serverをリリース

2015年11月19日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor WebはDr.Web Anti-virus 10.1.0.1 for LinuxおよびDr.Web 10.1.0.1 for Unix Serverをリリースしました。いずれの製品にも、その動作を向上させるアップグレードが加わりました。また、Dr.Web Anti-virus for Linuxでは、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web for Unix ServerはDr.Web Anti-virus for Linuxと同じ構造を持つようになり、新しいコンポーネントが複数追加されました。SUSE Linux Enterprise Server内のNSS-volumesを保護するdrweb-nssコンポーネントがアップデートされ、製品に追加されています。アンチウイルスセキュリティを強化するため、ネットワークモニタリングソリューションとの連携を容易にするためのdrweb-snmpdコンポーネントが追加され、現時点でCacti、Zabbix、Munin、Nagiosに対応しています。GNU/Linuxファイルシステム内の脅威を検出するdrweb-spiderファイルモニターも加わりました。アプリケーションの詳しい新機能についてはこちらをご覧ください。

SpIDer GateではNFSパーティションがマウントされないエラーが修正され、そのほかDr.Web Agentアイコンがシステムトレイ内に表示されない問題が修正されました。Agentはdrweb-guiを開かずにアプリケーションを管理することができます。

Dr.Web Anti-virus for Linuxのユーザーはアップデートされたディストリビューションを使用してプログラムをインストールしてください。

レポジトリからインストールされたDr.Web for Unix Serversをアップデートするにはパッケージマネージャを使用してください。ユニバーサルパッケージを使用してインストールした場合は、アップデートされたディストリビューションをダウンロードし、アプリケーションを再インストールしてください。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F