Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 11.0 for Windowsに含まれるコンポーネントをアップデート

2016年6月20日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web Security SpaceおよびDr.Web Anti-virus 11.0に含まれるDr.Web Control Service (11.0.7.06140)、SpIDer Agent for Windows (11.0.6.201606031)、Dr.Web Updater (11.0.3.06100)、Dr.Web device Guard for Windows (11.01.02.06060)、Firewall (11.1.1.06071)、Dr.Web Anti-rootkit API (11.1.2.201606020)、Dr.Web SelfPROtect (11.01.01.06070)、Dr.Web Scanning Engine (11.1.1.201606060)、Dr.Web File System Monitor (11.01.01.06060)、Dr.Web SysInfo (11.1.0.201605300)、Dr.Web Net Filter for Windows driver (11.1.0.06070)、Dr.Web Scanner SE (11.0.3.201606170)、設定スクリプト、UI 言語モジュールをアップデートしました。今回のアップデートでは新たな機能が追加され、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Control Service:

  • Windowsアクションセンター(Windowsセキュリティセンター)との連携が改良されました。
  • アンチウイルス設定がデフォルト値にリセットされた後、存在しない予防的保護プロファイルをロードしようとした際に異常終了するエラーが修正されました。
  • EventLogに誤ったエントリが表示されるエラーを防ぐため、インストール後のDr.Web Firewall for Windowsはシステムが初めて再起動後されるまで起動しないようになりました。
  • 休止状態からの復帰後にDr.Web Security Spaceコンポーネントが無効になってしまうエラーが修正されました。
  • ユーザープロファイルのロード時にエラーメッセージが表示される問題が修正されました。

Agent:

  • 「更新」ボタンをクリックした際にエラーメッセージが表示される問題が修正されました。

Dr.Web Updater:

  • ドライバのアップデート前にシステム復元ポイントが作成されるようになりました。
  • 既存の更新ミラーからアップデートを実行できないエラーが修正されました。

Dr.Web device Guard for Windows(ノートパソコンユーザーのみ):

  • Elantech Touchpadドライバと互換性を持つようになりました。

Firewall:

  • CPU負荷を軽減するため、システム起動後のDr.Web Firewall for Windows通知モジュールの起動が最適化されました。
  • Firewallの設定内で「動作モードに従う」ルールが選択されていた場合に、ブラウザの立ち上げ時にSpIDer Agent for Windowsがフリーズするエラーが修正されました。

Anti-rootkit API:

  • NVIDIAドライバのインストールに関するエラーが修正されました。
  • 予防的保護によってTruecryptがブロックされてしまうエラーが修正されました。
  • 予防的保護がSRP(Software Restriction Policies:ソフトウェア制限ポリシー)に干渉してしまうエラーが修正されました。

セルフプロテクションモジュール:

  • コンポーネントのパフォーマンスが向上しました。
  • エクスプロイトからの保護機能が強化されました。

Scanning service:

  • スキャンの速度が向上しました。

Dr.Web File System Monitor:

  • 頻繁に変更されるファイルに対する動作が最適化されました。

Dr.Web SysInfo:

  • データ収集の100のうち99番目のステップで中止を試みた場合にユーティリティウィンドウがフリーズするエラーが修正されました。
  • デフォルトブラウザを正しく特定できないエラーが修正されました(Internet Explorer)。
  • Dr.Web Hypervisor設定に関する情報を収集するようになりました。

Scanner:

  • SSE2命令セットをサポートしていないCPUを搭載したシステム上でコンポーネントが異常終了するエラーが修正されました。

アップデートは自動的に行われますが、システムの再起動が必要です。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F