Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web予防的保護―効果的なアンチウイルスコンポーネント

2015年3月24日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webでは、Dr.Web Anti-virusに含まれる「予防的保護」コンポーネントの設定に関する詳細を記載したページを新たに作成しました。このページでは、お使いのコンピューターのセキュリティー要件に応じたコンポーネントの様々な設定や適用方法について確認することができます。

Dr.Web予防的保護はDr.Web Security SpaceおよびDr.Web Anti-virusライセンスで利用することができます。このコンポーネントには4つのレベルがあります。それらの設定を行うには、システムトレイにあるDr.Webアイコンをクリックし、「予防的保護」タブをクリックして設定メニューを開きます。

Dr.Webユーザーの皆様には、予防的保護を使用してお使いのコンピューター上に保存されたデータを破損や不正なアクセスから保護することを推奨しています。

予防的保護を無効にすると、Dr.Web Process Heuristicの動作が停止します。Dr.Web Process Heuristicは、従来のシグネチャベースでのスキャンやヒューリスティック解析による検出を回避するよう設計された最新の危険なマルウェアからシステムを保護するテクノロジーです。Dr.Webウイルスデータベースに登録されていない暗号化ランサムウェアプログラムの検出を可能にするテクノロジーがこのProcess Heuristicです。予防的保護が無効になっている場合、重要なシステムオブジェクトが開かれた状態のままになり、それらのオブジェクトがコンピューターを感染させるためにウイルスによって利用されることがあります。予防的保護を有効にすることで、アンチウイルス会社のwebサイトへのアクセスがブロックされることを阻止し、ユーザーが正規のサイトではなく偽のサイトへリダレクトされることを防ぎます(オンラインバンキングのユーザーにとって特に重要です)。
また、予防的保護が無効な状態は、Doctor Webによって未解析な最新のマルウェアがコンピューター上に侵入することを可能にしてしまいます。感染してしまったコンピューターではOS全体の動作やインストールされている個々のアプリケーションの動作が不安定になり、一部のアプリケーションが起動しなくなる場合があります。また、コンピューターをセーフモードで起動することができなくなることがあり、それによりウイルスによるダメージからシステムを復元することが困難になります。

Dr.Web予防的保護の詳細情報(英語)

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F