Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Androidデバイスからクレジットカード情報を盗む危険なトロイの木馬

2014年7月29日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Google Play上で使用されるクレジットカードの情報を盗む新たなトロイの木馬について、Androidユーザーの皆様に警告します。このマルウェアはFlash Playerを装って拡散され、バンクアカウントの情報を入力するようユーザーを誘導します。その結果、犯罪者はそのアカウントから金銭を盗むことが可能になります。

Android.BankBot.21.originとしてDr.Webウイルスデータベースに追加されたこのマルウェアはAdobe Flash Playerを装って拡散され、クレジットカード情報を盗むほかSMSメッセージを傍受します。

インストールされた後に起動されると、このトロイの木馬は管理者権限の取得を試みます。該当する要求画面が0.1秒ごとに表示され、ユーザーはそれらを止めるために権限を与えざるを得なくなります。こうして、このマルウェアは削除される危険性から自身を保護します。

screen

クレジットカード情報を盗むために、Android.BankBot.21.originはGoogle Playアプリケーションウィンドウがアクティブであるかどうかを確認し、アクティブだった場合は、標準的なクレジットカード情報の入力フォームを表示させます。

screen screen screen

入力されたカード番号、有効期限、CVCコード、カード所有者の住所や電話番号などは全て犯罪者のサーバーへ送信されます。さらに、デバイスモデル、IMEI、OSバージョン、インストールされているアプリケーションのリスト、SMSのコンテンツなどの、感染したデバイスに関する情報もまた、犯罪者のサーバーへ送られます。

screen

そのほか、vは犯罪者のサーバーから直接、またはSMS経由で受け取った様々なコマンドを実行する機能を備えています。中でも特に受信SMSを傍受し、特定の番号に対してメッセージを送信することができます。

このマルウェアはユーザーのアカウントから金銭を盗む目的で使用される可能性が高いことから、Androidユーザーは十分に注意し、疑わしいアプリケーションはインストールしないことが推奨されます。

この脅威はDr.Web for Androidによって検出・駆除されます。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F