Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

ブログサイトを感染させる新たなトロイの木馬(ロシアなど)

2013年8月14日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、WordpressなどのポピュラーなCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)によって管理されるブログやサイトを感染させる悪意のあるプログラムTrojan.WPCracker.1についてユーザーの皆様に警告します。このトロイの木馬によって犯罪者はブログのコンテンツを改ざん、また、ブログを別のマルウェアに感染させることで訪問者のセキュリティを脅かすことが可能になります。多くのセキュリティエキスパートによって注目されている、webサイトに対する攻撃の急増はTrojan.WPCracker.1の拡散が背景となっている可能性があります。

感染したコンピューターに侵入を果たしたTrojan.WPCracker.1は、システムフォルダの1つに自身をコピーし、システム起動時のアプリケーション自動実行に関与するレジストリブランチを改変します。次に、このトロイの木馬は犯罪者の管理するリモートサーバーに接続します。

Trojan.WPCracker.1はWordpressやJoomlaなどのポピュラーなCMSによって管理されるブログやサイトのリストを犯罪者から受け取り、そのアクセスパスワードの解除を開始します。解除に成功すると、取得した情報をサーバーに送信します。

その後、それらのアクセス情報は犯罪者によって第三者(通常、また別の犯罪者)に売り渡されます。

犯罪者はTrojan.WPCracker.1を使用して、ブログのコンテンツを改ざんしたり悪意のあるコードをサイト内に埋め込んだりすることで訪問者のシステムを感染させることが可能です。多くのセキュリティエキスパートによって報告されている、webサイトに対するブルートフォースアタックの増加に、このトロイの木馬が関与していると考えられます。

Dr.Webウイルスデータベースには既にこの脅威のシグネチャが追加されているため、Dr.Webソフトウェアのユーザーに危害が及ぶことはありません。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F