Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web LinkChecker 3.2.1をリリース

2013年7月17日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Google Chrome、Safari、Opera、Mozilla(Firefox、Thunderbird)用Dr.Web LinkCheckerプラグインのバージョン3.2.1をリリースしました。今回のアップデートでは望ましくないコンテンツをブロックする新たな機能が搭載され、ユーザビリティが向上しました。

Dr.Web LinkCheckerの新たなバージョンはコンテンツフィルタリング機能を備え、バナーやフラッシュ広告をブロックすることが出来ます。広告サイトのデータベースは、パブリックドメインからの情報のほかDoctor Webウイルスアナリストの入手したデータに基づいており、常に新しいエントリが追加されることで、アップデートされています。また、webページ内の望ましくないエレメントをユーザーが手動でブロックすることも可能になりました。

新たに追加されたオプション「インターネットトラッカー」は、ユーザーのweb上でのアクティビティをトラッキングし関連する広告を表示させるような機能のブロック、および同じくユーザーのweb上での活動をモニタリングするweb解析機能(Google Analytics、Yandeks.Metrikaなど)のブロックを可能にします。また、このオプションによってソーシャルネットワーキングサイトのプラグイン(Facebook、Twitter、VKontakte、Google+、LinkedIn)をブロックすることも出来ます。

ブラウザのナビゲーションバーに表示されるDr.Web LinkCheckerプラグインのアイコンによって、webページ上でブロックされたエレメントの数を確認し、Dr.Web LinkCheckerの一部の機能を管理することが出来ます。

プラグイン設定ウィンドウが改良され、より使い易くなりました。

対応するブラウザのバージョンが変更され、プラグインが動作するのはOpera 15、Safari 6.0以降になりました。

Dr.Web LinkChecker 3.2.1を使用するには、お使いのブラウザに応じたオンラインストアから新しいプラグインをダウンロードする必要があります。既にDr.Web LinkCheckerをお使いの場合、アップデートは自動的に実行されます。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。

1992年に製品の開発をスタートしました。

Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。

2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。

24時間体制サポート

© Doctor Web
2003 — 2019

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F