Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web Enterprise Security Suite 6.0.4をリリース

2013年1月15日

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor WebはDr.Web Enterprise Security Suite 6.0.4をリリースしました。今回のリリースでは新たな機能が加わり、発見されたバグが修正されました。Agentのアップデートは、バージョン6.0.4のみでなくバージョン6.0、6.0.2、6.0.3のサーバーソフトウェアを使用するネットワークでご利用いただけます。

サーバーソフトウェアに加えられた変更は次の通りです。サーバー6.0.4のインストール後、インストーラーディレクトリ内で最新のAgentネットワークインストーラーが使用可能になります。Microsoft Windows 8 及び Microsoft Windows Server 2012を搭載したコンピューターがアンチウイルスネットワーク内で正常に認識されるようになりました。RADIUSプロトコルに対応するようになり、また、Global Updating Systemへの低速接続確立中におけるサーバーのパフォーマンスが最適化され、より安定したものになりました。さらに、内部データベースとの連携ルーチンがアップグレードされ、高負荷状態下におけるパフォーマンス及び信頼性が向上しました。

Agent ソフトウェアでは、Dr.Web Net Filtering Serviceインストールの際に時折発生していた問題が修正され、Agent のインストール中にはWindows Defenderが無効になるようになりました。また、一部のJavaアプリケーションとの互換性に関する問題も解決されました。

今回のアップデートではさらに、スキャン除外対象として指定されているファイルをスキャンしてしまうスキャナーエラーが修正されました。このエラーは、サーバーからダウンロードした除外リストを処理する際や、検出された脅威に関する情報のサーバーへの送信中に発生していたものです。

複雑な脅威の駆除に使用されるDr.Web Anti-rootkit APIライブラリのアップデートされたバージョンでは、最適化されたアンチルートキットスキャンルーチンによってシステムスキャンの速度が著しく向上しました。また、感染したプロセスの終了を妨げるバグが修正されました。

PPPoE経由でネットワーク接続の確立を試みた際にWindows 8で発生する可能性のある深刻なシステムエラーに関する問題も修正されました。

Agentは自動でアップデートされますが、2回の再起動が必要になります。

アップデートに関する詳細およびインストールの手順についてはDr.Web Enterprise Security Suite 6.0.4 リリースノートをご覧ください。(英語です)

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

Dr.Web © Doctor Web
2003 — 2020

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F