Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Counter-StrikeとHalf-Lifeのサーバーを攻撃するフロッダー

2012年3月30日掲載

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Counter-StrikeとHalf-Lifeのゲームサーバー、およびその他のGoldSourceサーバーを動作不能にさせるフロッダーアプリケーションについてユーザーの皆様に警告します。これらの悪意のあるプログラムは、それを使用する犯罪者自身に対しても危害を与える場合があります。

ゲームサーバーのオーナー間における競争―特に、それらのサーバーがGame Trackerでの評価の上位にある場合―は以前から熾烈なものでした。2月、GoldSourceサーバーを動作不能にさせるアプリケーションがいくつかパブリックドメインに出現しました。Flooder.HLDSという名前でDr.Webウイルスデータベースに加えられたそのうちの1つは、グラフィカルインターフェースを持ち、ゲームサーバーへの大量のアクセスを模倣してフリーズやエラーを引き起こします。

もう1つの悪意のあるプログラムFlooder.HLDS.2は、クラッシュの原因となるデータパケットをサーバーに送信するもので、サーバーとのやり取りに複数の方法を使用します。いずれのアプリケーションもゲームフォーラムを介して広く拡散されており、それらを使用した、ゲームサーバーに対する同時攻撃の件数はこの1カ月の間に著しく増加しました。

screen

興味深いことに、これらのプログラムはゲームサーバーを攻撃しようとする犯罪者自身のシステムに対してもダメージを及ぼすことがあります。Doctor Webのウイルスアナリストは、ゲームフォーラムからFlooder.HLDS.2のコピーを入手しました。このプログラムの中には、起動されるとシステムをDarkNess.47 バックドアおよびTrojan.Wmchange.14に感染させるものがあります。前者はバックドアおよびDDoSボットとして機能し、一方トロイの木馬はユーザーのアカウントからお金を盗み出すために、感染したコンピューターのメモリ内にあるWebMoneyのIDを変更します。こうして、犯罪を企んだ者自身もまたウイルス攻撃の被害者となり、コンピューターを感染の危機にさらすことになります。

上記の脅威は全てDr.Webウイルスデータベースに追加されています。更なる詳細については次の動画をご覧ください。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

Dr.Web © Doctor Web
2003 — 2020

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F