Defend what you create

その他

  • free.drweb.co.jp: 無料ユーティリティ、プラグイン、インフォーマー
  • av-desk.com: Dr.Web AV-Deskサービスプロバイダーのためのインターネットサービス
  • curenet.drweb.co.jp:ネットワーク修復ユーティリティDr.Web CureNet!
閉じる

マイライブラリ
マイライブラリ

+ マイライブラリに追加

電話
24時間体制サポート | テクニカルサポート利用方法

お問い合わせ履歴

電話する

+7 (495) 789-45-86

Profile

ニュース一覧に戻る

Dr.Web 6.0 for Windows & Dr.Web Enterprise Suite 6.0のアップデートコンポーネントをリリース

2011年03月29日掲載

株式会社Doctor Web Pacific


Doctor Webは、Dr.Web 6.0 for Windows / Dr.Web Enterprise Suite 6.0のシングルユーザー、及びサーバー製品に組み込まれているいくつかのコンポーネントのアップデートをリリースしました。 アンチウイルスモジュールにはいくつか改良が加えられ、発見されたエラーは修復されました。これによりアンチウイルスの安定性と使いやすさが向上しました。

データベースに加え、HTTPモニターでは悪意のあるオブジェクトが検出された際の通知用のGUIが改良されました。IPアドレスのURLベースフィルタリングにおけるメモリリークが修復されました。

今回のアップデートによって、SpIDer Agentの安定性が向上しました。ユーザーはファイルモニターの例外リストを編集及びコピーすることが出来るようになり、スキャンの例外ウィンドウ内にディレクトリツリーが表示されなかった場合の問題が解決されました。ブロックされたコンピューターの多重ポップアップウィンドウを閉じるルーチンが最適化されました。

アップデートモジュールの安定性が向上し、現在のサーバーのタイムスタンプが古かった場合に、他のアップデートサーバーに自動で切り換えることが出来るようになりました。ウイルスデータベースのアップデート無しにスキャンを開始してしまうバグが修復されました。

Dr.Web 6.0 for Windowsのパーソナル、及びサーバー製品における全ての言語リソースがアップデートされました。

Dr.Web Enterprise Suite 6.0のメールモニターもまたアップデートされました。これによりDr.Web Enterprise Suite 6.0、及びWindows向けDr.Web 6.0のパーソナル/サーバー製品が同じメールモニターを使うことになります。

このアップデートは、自動的にダウンロード、インストールされます。

Tell us what you think

You will be awarded one Dr.Webling per comment. To ask Doctor Web’s site administration about a news item, enter @admin at the beginning of your comment. If your question is for the author of one of the comments, put @ before their names.


Other comments

ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。
1992年に製品の開発をスタートしました。
Dr.Webは世界200ヶ国以上のユーザーに利用されています。
2007 年、アンチウウイルスサービス(SaaS)の提供が開始しました。
24時間体制サポート

Dr.Web © Doctor Web
2003 — 2020

Doctor Webは、ロシアに本社を置く、『Dr.Webアンチウイルスソフトウェア』のデベロッパーです。その製品の開発は1992年に始まりました。

株式会社Doctor Web Pacific 〒105-0003 東京都港区西新橋1-14-10 西新橋スタービル 2F